もともと旅をすることは私の人生の一環で、
お金を貯めては、まとまった休みに ぷらっと旅に出ます。
特に外国は、日本の固定観念を壊してくれるから好きです。
綺麗な景色や人の出会いも大切にします。

今回の冬の旅は中央アジア「ウズベキスタン」。
世界ふしぎ発見のTVを見て、旦那と行こうと思いました。
親日国でハイパーインフレ、雑貨天国ということや、
イスラムの国でモスクが大変美しいこと、
ピラフのもとになった「プロフ」という料理がある事、
第二次世界大戦後、捕虜になった日本人が
この国のナボイ劇場を作ったこと、その事をきっかけに
ウズベキスタンと日本が仲良くなったことが放送されていた。

そもそも、この地域「中央アジア」は日本人にとって
旅行先には選ぶことは少なく、よって情報もあまりなく、
どんなものか非常にわからないのですが、
今後、日本人の旅行客が増えていくのではないか
(と勝手に私が思っている)という国です。

現地に行きましたら、またリポートします!



関連記事

  1. 2019.10.26

    日々のつれづれ(いわて盛岡シティマラソン)

    10/27に開催されるいわて盛岡シティマラソンに参加することになりました。昨年、職場の…

    日々のつれづれ(いわて盛岡シティマラソン)
  2. 2019.12.23

    日々のつれづれ(人生の棚卸)

    先日、私の地元で行った講演会では私の人生について一時間半もかけて発表をしたのだけれど、いろんなこと…

    日々のつれづれ(人生の棚卸)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP